1月, 2010年

ふと………思う。

2010-01-29

先日、知り合いのお店にお客様から呼び出しがあった。仕事で紹介を依頼された〜私は変なもので色んな人脈を色んな人に紹介して貰って…不思議な御縁を色んな方に貰っている。最近は九州以外の人脈が広がっている……小さい時から人の物を欲しがったり、母親の宝石箱の中身等 見たことも無く女の子独特のキラキラ光る宝石にも興味が無く〜ブランド品にも興味がない。 無銘のブランドでも地味だけど〜キラリと光る個性的な物に興味がある。 有名な会社の上層部、経営者、顧問、相談役、知り合いだからと言って自分の仕事でお世話になり〜甘えて仕事をすることは嫌いである。しかし、橋渡しの紹介をお互いが了承であれば〜引き合わせは苦にはならない…あとは知り合った物同士の努力である。発展するか〜御縁がないかは任せるしかない。地味でも物静かでも〜人として魅力ある方は大好きである。私は………某全国組織の物流会社営業の面々と懇意にさせて貰っている。体育会系の義理深い体質の会社である。この会社との出会いは 会社設立当時に運送契約に飛び込み営業してき
た一人のドライバーからの縁である。他の物流会社と同時に見積もり依頼をかけた……新米会社には何処も高い金額でしか出せないはずだが 私は精一杯の演説を両社にして 最後に「駆け引き無しでお願いします。その代わり安い金額であれば紹介もするから〜〜」 ありきたりの言葉にその会社のドライバーは答えてくれたのである。 嬉しいやら〜大変やら〜責任あるやらで それからの7年間 いまだに他社が安くてもこの会社を替えれない理由のひとつである。 義理は充分に終わったのでは????とライバル会社が交渉に来たことがある。楽な仕事をする会社だと追い返した。 お付き合いのある某物流会社も最近変化したようだ……私に取っては寂しい変化だ この会社の一番の強みの 体育会系の強さとアナログ精神が無くなって来た。会社が大きくなり〜〜何処かに忘れ物をしてきたようだ。 最近は誰もがコンプライアンスと横文字を言いたがる……法令遵守と言いながら ????と思うことも多々ある。こんな時代ほど原点に帰るべきだと思う。私も今年は原点にスタートラインを引
く 暖簾も看板も外した時に魅力ある人間でありたいと思う自分がいる。
いまこそ飛脚の時代だと思う…………今年も気合いで頑張りまっせ〓

ふと………思う。

2010-01-29

元気・・・・

2010-01-28

008.JPG
010.JPG
005.JPG
004.JPG

続きを読む…

思いやり 

2010-01-21

007.JPG
006.JPG
011.JPG
016.JPG
019.JPG
100120_224757.jpg
004.JPG

続きを読む…

万能薬(-.-;)

2010-01-19
091202_2216431.jpg

小さい時から……(1960年生まれ)何か具合が悪い時には亡くなった親父さんから「お前は、俺の子だから…正露丸を飲めば治る」 と言われて飲まされてきた! 無茶な話である。 しかし、いまだに正露丸を飲めば不思議と落ち着き治るのである………。普通の人は、あの臭いを嫌がるのだが 私はあの臭いにホットした安心感と懐かしさを感じる。 不思議と……即治るのである。小さい時から暗示に描けられた万能薬の様である。 勿論家庭でも……嫌がられて変人扱い(¨;) 我が家の常備薬である。かたや〜〜たまに一人で飲みたい時に嗜むのが私専用の亀仕込みの泡盛だ……アルコール43度の「琉球泡盛やまかわ」である。四年物で飲んでは継ぎ足し〜飲んでは継ぎ足しの繰り返しで熟成物で…木尺で注ぐと塗れた木尺の水分が〜あっと言う間に蒸発してしまう。仲良くなった近所の酒店の親父さんが〜私の為に泡盛の亀をわざわざ持って来てくれたのである。それから我が家はディスカウント酒は買い物禁止で〜事あるごとに酒屋の親父さんが配達してくれる。私は自宅ではお酒は飲まない
〜お付き合い以外飲まないのは昔からである。なぜか???私が飲んでも誰も晩御飯の片付けは終わらない。家では一切飲まない…多分お酒よりも雰囲気が好きなだけだと思う。たまに嬉しい事が在るときに泡盛を飲む……フルーティーな味に亀の中で泡盛が変身している。しかし、それが怖い… 来るお客様には必ず試飲して貰う〜みんな最初は飲みやすく泡盛の味の深さに驚く しかし最初だけである……。飲みやすい程、撃沈が早い 三杯飲めた人が何人居たかな?? さすが43度〓 行きはヨイヨイ帰りは怖い…。昔の人は良く言ったものである。しかしこの泡盛を飲んだ人は…必ずまた飲みに来たいと言う。魅力ある泡盛である。泡盛の様な人になりたい………o(^-^)o

過ごし方・・・・

2010-01-18

続きを読む…

落し物・・・・

2010-01-16

003.JPG
005.JPG
100113_182504.jpg

続きを読む…

無念!

2010-01-08

二年程前に、仕事関係者から紹介頂いた若いバイタリティーのある物流会社の社長が年末の大晦日に亡くなった。 42歳の若さであった……。私が知り合った時には、肝細胞癌の為に余命半年との告知を受けながら……念願の会社を興したばかりで忙しい日々の中、是非会いたいとの御連絡があり〜〜わざわざ東京から御挨拶に来ていただいた事を覚えている。爽やかな若い男性との印象で〜その時、既に残り少ない余命を小さい子供さんと奥さん、そして従業員の為に自分が居なくなった後に安心して生活が出来るよう〜〜後継者と仕事の安定の為に頑張っておられた。お会いした時に、自分の残された日々を大事に多くの方々に出会いたいと話して居たのを覚えている。 来られた日に、初めての福岡との事だったので〜福岡中洲の夜景を背景に屋台に繰り出し〜〜遅くまで語り、笑ったのを昨日の事の様に思い出される……。病人相手にとんでもない様だが…私なりの応援歌のつもりで普通と替わらない接し方をさせて頂いた〜後継者に選ばれ、残された家族と会社を全部任されたのが〜〜私の仕
事仲間であった。大手物流会社で活躍していたが、若い時から可愛がって頂いた先輩から〜〜死を
目の前にして「君にしか頼めない〜残された……の為に会社を頼む!」 一番忙しい時期に重なり、彼も大きな責任に悩み抜いた結果〜大手物流会社を辞め〜この二年病気と闘う社長を気遣い…会社を軌道に乗せた!立派である。最後は病院にも見離され……これ以上の打つ手は無いと言われながら色んな物を少しでも見届けたいとの〜生きることへの執着が余命宣告を大きく伸ばす事が出来たのだと思う。後継者となった彼も仕事の合間に社長を病院に連れていったり〜「絶対に死なせない…」と高い驚く様な漢方や体に良いと聞いた物は何でも調べて社長に飲ませていた。さすがに社長が托すだけの男である。彼もまだ40前である…最後は壮絶な社長の最後を見届けた様である……。明日社長に最後のお別れに出向くつもりである。彼から生き方として学んだことが沢山ある。多くの事を回りに残して行った…人として、一家の大黒柱として、経営者として、男として……。それを支えた仲間達も立派である。………合掌

今年一年も・・・

2010-01-05

091220_0039511.jpg
015.JPG
091205_2037401.jpg

続きを読む…

元旦 ・・・・・・ガタガタ(@_@;)

2010-01-01

003.JPG
006.JPG
019.JPG
011.JPG
015.JPG
016.JPG
018.JPG
008.JPG

続きを読む…

Copyright(c) ビッグ・ママ All Rights Reserved.