4月, 2010年

哀愁漂う……旦那さん!

2010-04-29
100424_182849.jpg

今から始まる家族サービスに不安を感じていたのか。。。薄暗くなっていたので最近少々薄くなった髪も気にらない様である。 最近私の仕事でバタバタしているので……色々心配をかけているが〜さすが我が旦那さんである。 『悔いのない様に頑張れ!自分らしく』それがいつもの言葉である。結婚して…まだ10年であるが〜お互い再婚でそれぞれの子供達も〜あの時は小学低学年と中学生であった。。。自分の子供を育てるのも大変な時代に人の子を我が子の様に立派に育ててくれた……感謝である。これからは、主人のたった一人の肉親の母に少しでも親孝行出来るよう私がお返しする番である。夫婦とは……不思議な存在である。

全員集合。。。。

2010-04-28

DSC01700.JPG
DSC01701.JPG
DSC01704.JPG
DSC01706.JPG
DSC01709.JPG
DSC01671.JPG
DSC01708.JPG
DSC01692.JPG
DSC01680.JPG
DSC01688.JPG
DSC01702.JPG
DSC01700.JPG

続きを読む…

東京・・・・金沢!

2010-04-26

DSC01634.JPG
DSC01650.JPG
 
DSC01642.JPG
DSC01643.JPG
DSC01645.JPG
DSC01635.JPG

続きを読む…

忠犬ハチ公……?

2010-04-20
100419_200736.jpg

言葉を話せないぶん犬は正直である。私の大きな手の平に入るくらいの産まれたばかりの子犬であったドン君が今年で三歳になる。 毎朝旦那さんの起床からドン君の一日が始まる〜初めは可愛い名前を決めていた〜〜しかし顔が壁にぶつかった様につぶれていたので………可愛い名前など合うはずが無いと…壁にぶつかった様な名前を付けてしまった。 この写真は、学校から帰って来た娘が部屋から出てこないのを…ずっと待っている姿である。力持ちの腕白坊主であるが…みんなの疲れを癒し我が家の末息子である。フレンチブルドック独特の見上げるような横目で時々私を見つめる……『母ちゃん〜頼むバイ…』と言っているような眼差しで見つめられると……おやつをサービスしてしまう自分がいる 言葉無しで見透かされているのが ちと悔しい〓

産地めぐり・・・・商品開発。

2010-04-18

DSC01569.JPG
DSC01580.JPG
DSC01581.JPG
DSC01582.JPG
DSC01583.JPG
DSC01590.JPG
DSC01589.JPG
DSC01587.JPG
DSC01593.JPG
DSC01594.JPG
DSC01573.JPG

続きを読む…

久しぶりの福岡……。

2010-04-15
100414_204617.jpg

先週月曜日から昨日までの全国巡業??が無事終わった。東京⇒仙台⇒山形⇒東京⇒福岡⇒札幌⇒東京、今年は激動な年を迎えている。場所を新たに色んな意味で再スタートを迎える年になりそうだ。仕事仲間も知り合いも御蔭で全国に広がり…実のある時を迎えている。それを活かすも無駄にするも……向き合い方だろう。人生山あり、谷ありと言うが……落とし穴もあるようだ。永年いつも何かあると私の頭によぎる言葉がある………『一生懸命だと知恵が出る、いい加減だと言い訳がでる、中途半端だと愚痴がでる』 時々自分を振り返り 向き合う言葉である。

御江戸初日目・・・・

2010-04-09

DSC01558.JPG
DSC01560.JPG
DSC01561.JPG
DSC01562.JPG
DSC01564.JPG
DSC01565.JPG
DSC01566.JPG
DSC01567.JPG
DSC01555.JPG

続きを読む…

…………親孝行??

2010-04-05
100404_131306.jpg

いまは、朝方の2時あと5時間後の飛行機で御江戸入りである。どうしたものか……毎度飛行機に乗る前は眠れないf^_^; 日曜日の昼食のあと、今回は長旅になる私を気遣かってか??子供達が率先して後片付けをしてくれた。心地好いものである(^O^) 明日からのハードスケジュールに少々イメージトレーニングしながら〜〜久しぶりの休日に のんびりさせて貰った。明日の仕事の事前準備を確認後 作り置きのカレーライスを仕込み………寝よう、寝ようと思いながら 朝の2時(:_;) 見かけは図太そうな私だが…中身はヒエクソ(九州弁で怖がり) 何があっても定時に寝れる旦那さんが羨ましい限りである。

久しぶりの次男坊との生活p(^^)q

2010-04-01
100322_114355.jpg

小さい時から腕白坊主で謝りに行ってばかりの息子も東京の大学から戻り久しぶりの同居生活である。一番先に手元から離れたぶん〜〜一番心配していた息子も24歳!私も歳を取るはずである。。。久しぶりの休みに何気なく我が家のドン君とTVを見ている後ろ姿が気になった。長い間親元を離れ〜剣道生活、大学生活を続け家庭を感じる暇も無かったはずである。 小さい頃から、家に帰ると〜まっすぐに冷蔵庫を開ける癖は今も変わっていない! 長男もそろそろ結婚の話しが出ている〜〜いつかは子供は親元を離れて自分の人生を好きな人と歩いて行く〜淋しいような嬉しいような複雑な思いだが。 この子達が居てくれたから〜頑張って生きてこれたと私は思う! 母親であって良かったと仕事中よく思う〜〜多分そうでなかったら……今以上に大変なただのオバサンになって居た事だろう。。。

Copyright(c) ビッグ・ママ All Rights Reserved.