3月, 2016年

ラジオ販売の凄さ!

2016-03-30

image

一昨年よりラジオでの直売に力を入れてきた。

先ずは信用をして頂ける美味しいものを格安で提供する商品に

悩んで。。。

 

福岡では明太子を販売する会社が多すぎ

結構なお値段でご飯のお供である明太子を販売されている

明太子を取り扱い始めて11年

色んな明太子業者の方がいる

原料から製造まで行っているところは

極少数である。

 

ご飯のお供であるはずの明太子をラジオの商品と決め

色んなラジオ局で販売し

こんなに明太子が好きな人がまだまだ多いと感じ

嬉しくなった。

 

多分今まで高過ぎてご飯のお供ではなく

料亭のお供にでもなったのだろう。

期待を裏切らない味も大事だ

 

 

●美味しい

●リーズナブルな価格

 

消費者は正直である。

直売をすることで日々勉強である。

昔、昔、蟹を通販で買った時に 家族みんなで心待ちにして

開けた瞬間 今でも覚えている。。。。。

価格と商品の大きな違いでみんなが憤慨したことを

 

それが私の仕事の根源にある。

 

この思いだけを忘れず生き残ってきた。

 

それで今の自分があると思っている。

 

『念じれば叶う!!!』

 

この言葉をいつも胸に秘めている。

 

 

春が来たかな。

2016-03-22

image

 

 

出逢いとは永遠のテーマかな。。

どう御縁が続くか、ワンタイムで過ぎ去るか

続けようと思っても、不思議と本当に縁があれば

如何なる障害があっても  また逢える物である。

 

私の取り柄は単純。。。

自然体でヨイショが出来ない。

本能の感じるまま進んでしまう

器用な様で不器用である。

 

縁があれば、神のみぞ知る未知の世界(爆笑)あるだろう

折れない精神を維持出来る人でありたい。

人に感謝出来る人間であれば道は開ける。。

 

昔、怖い上司に言われた。

自分を信じて。。

不思議である、優しかった上司より、怖かった上司の

言葉を良く覚えている。

 

昔の先輩から学ばせて貰った事は多い

しかし、いま思い出せば昔の先輩方は後輩に良く指導してくれたものだ。

人を導く時、体力、精神力がいる 。

知らない顔で見過ごす事が楽な世の中になってる。

 

 

さぁ〜チャンスを生かすか?

右か左か?前か後ろか?

たまには、ポカポカ天気の下でのんびりと世間を

眺めながらまったりと過ごすのも今日だけは

 

許して貰おう。。

国内か海外か。。。

 

 

 

久々の階段落ち。。。

2016-03-14

IMG_1106

足がもろくなったのか。。。。自宅前の階段で ごろごろ。。。落ちた。

昔なら、ハンドボールをしていた昔々であれば

シュートしながら回転していたのだが

今では夢のような話。。。

 

まずは誰も見ていないか、スーツが破けていないか(爆笑)

一応、羞恥心は残っているようで

痛い足を引きづり、打ち合わせ場所に行ったときには

気づかれないようにしなりと 交わし

若い時とは違い、後から痛みが増すだろうと思いきや

 

当日の夜は激痛。。。

子供たちから笑われながらも ボコボコ腫れていた足を眺めながら

運動不足と歳、歳を感じた。

 

悔しい~~ながら3日目は 想像以上の腫れに

絶句、足より、頭が先に動いいている自分に涙、涙

落ちて。。。2週間になる

まだあざが残っている(爆笑)

 

次は華麗に交わしたい そのためにも今日からダイエットである。。

なんでも昔と同じようにはいかないと言う事である。

 

悲しいかな。。。現実を見なさいと言われているようだ

 

しかし、頑丈な足に感謝である!!!

 

感謝、感動、そして懺悔

2016-03-10

 

 

2015-04-17 20.01.51image2014-04-26 20.13.28image

 

不思議と周りに助けられながら 生き延びてる

人生55年過ぎれば 色んな事が予想以上にある。

そんな時に、逃げずに向き合ってきたが 本当であれば 一番最初にチンチロマイで逃げ出したいのが普通だと思う。

しかし、よ~~色々ある!!!

 

九州弁で言えばの話である。

どんげんも、こんげんもなか。。。。。

でもお客様に救われている、仕事をしていたら嫌なことはいつの間にか忘れている

 

それもよくない!!

たぶん頭が単純なのだろう。

 

人のありがたさが身に染みる 少し、苦労した分 身に染みるのかもしれない

 

一番悲しい事があった日、愛犬のドン君が脳腫瘍の痙攣で意識不明となった。

23時に動物夜間救急病院に駆けつけ 点滴注射の連続で 何とか持越し

自宅についたのが朝方の4時過ぎである。

5時間近く 動物病院にいる中で 驚くように駆けつけてくる飼い主の方々に

驚かされた。

動物も家族同様で 一家で駆けつけてきた方々も多く

今の時代を象徴しているようであった。

 

いる間に 色んな事が考えさせられ 娘に 安楽死の話もした。。。。。

『お母さん、私は諦めない!』

言った言葉通り、全ての世話を一生懸命やっている娘に

 

私が倒れたら。。。。大丈夫!!!!

と確信した(爆笑)

 

可愛い時もあれば いつしか動物も人も歳をとる。

そんな時に、家族として悔いのないように。。。。

娘には 私もヨイショしておこう~~と しみじみ感じた瞬間であった(笑)

 

その前に、娘に大事な旦那さんが出来ることが先である。

どうか。。。神様お願いいたしますm(__)m

Copyright(c) ビッグ・ママ All Rights Reserved.