10月, 2016年

予想外の出逢い

2016-10-17

image

今年も残すところ あと2か月余り

波乱万丈の 年であったが。

まだまだ、喜怒哀楽は続きそうである

 

今年は予想以上に 色んな地域の社長たちとの接点を頂いた。

通常逢えるはずのない方々の業務がおもしろく

勉強になった。

 

コラボするところも出てきて

枠が広がりながら 人としての勉強不足も少しは補えることに努めたが

中々生き抜いて 大きく飛躍している方々の中には

どん底を味わい乗り越えて 大きく飛躍された方が多い

逃げずに向き合い 想像以上の会社になったことが自信になられたのだろう

懐の深さを感じ取られた。

昔話を聞きながら逢えるはずの無い方々に逢わせてもらえる人脈に感謝した。

 

先日国会審議中に色んな質問、詰めの攻勢に 涙を流していた女性閣僚がいた

泣きたいときはトイレで泣けと昔し、尊敬する上司に言われたことがある。

 

『男がなくか??』

 

最近の男性は泣く方も多いが 泣きたいことも仕事上ある。

叫びたいこともある、悔しいことも多々ある。

でも、この20年以上仕事場で泣いたことがない

 

泣けない人間になったのか。。。

 

人の優しさに 涙が出たことがある。

 

男女雇用均等法が施行され  男女平等がよく謳われる。。。

 

女性が仕事をし のし上るのは至難の業である。

 

それを受け止めれる歳にはなったようである。

 

 

 

 

 

 

 

 

お孫さんの誕生日!(^^)!

2016-10-01

IMG_3284

 

今日は2番目の孫の誕生日である。

腕白坊主で お嫁さんも大変の様である。

 

彼がまだ小さい時に。。。2歳くらいかな?

大きな声で笑う私の声に 怖がったものである

 

彼が生まれる前に 長男坊から 名前を 『ゆうき』とつけたいと

字の候補を言い出した。

 

『お袋 どれがいいと思う?』

私は何気なく 答えた

 

それが今は彼の名前 『勇輝』になっている。

 

名前のごとく、勇ましく 内に秘めたるものを持っている

昔の典型的な腕白坊主である。

 

息子たちは 幼稚園に上がる前から近所で有名な腕白坊主であった。

御近所に 和菓子をもって いつも謝りに行っていた姿を見て

 

和菓子屋の親父さんから  『うちのお得意さん!』と笑われたものだ。

『弱いものは守れ、強いものに向かっていけ、挨拶だけは目を見てしなさい。お年寄りは大事にしなさい。外で遊べ、ゲームは買わない』

 

これだけしか 教えてこなかったようだ。

息子たちが小さい時に,あまりにも力を持て余しているので

『人を殴って褒められるのは 剣道だけ、強くなればあの大きなメダルがもらえるよ』

 

そう言って 年長さんから剣道を始めた。

面白いことに 有り余った力の発散場所が剣道の練習と言う事で

雪であろうが、熱が出ようが 休むことなく練習に励んだ

 

兄弟二人ともお陰様で 県、九州、そして全国大会の常連となり

高校、大学は特待で進み 剣道が人生の大きな柱となっている。

 

県外遠征や全国大会、いつも他の子たちの弁当も作って

車で遠征に連れて行ったものである。

素晴らしい剣道仲間にも多く恵まれて 私も剣道の素晴らしさを勉強できた。

 

あの当時は大変であった。

しかし、時が過ぎ 振り返れる今になれば

子供たちに感謝したい と思える時を迎えた。

 

巻き戻せればあの時に戻りたい気がする。

もう一度母親として あの時に出来なかったことをしてあげたいと。。。

他のお母さんたちより、何一つ満足できるものをしてあげていないようだ。

 

お孫さんも今から大らかに成長してくれることであろう。

息子も少し あの時の親の大変さを感じているはず

 

人間は環境に恵まれすぎない方が 今以上に本領発揮そして知らない自分の底力を知る。

自分との戦いで 人を超える前に 自分を超えれる

 

息子たちに試合前に 良く言ったことがある。

『相手に勝つ前に 自分に勝たないと 次がない』

 

精神論である。

 

 

今度は自分に言い聞かせたい言葉であ今る。

 

 

Copyright(c) ビッグ・ママ All Rights Reserved.